エレキット サイボーグハンド 制作 その1(塗装)

73

パーツを切り出して仮組するまでには説明書にあったように3時間くらいでできました!組立中の写真はスマホが壊れちゃってなくなっちゃいましたが(-_-;)

エレキット サイボーグハンド 制作 その1

最初に塗装を始めたのは指部分です。説明書の工程どおりの順番でやればよかったとあとから後悔。下地のサーフェイサーは使ったのはガイアノーツのナスカ NP005 メカサフ スーパーヘヴィです。この状態でも重厚感あっていい気もしますが当初の計画通りメタリック塗料を使ってギラギラにしたいと思います!


エレキット サイボーグハンド 制作 その1

黒いところはミスターホビー ミスターメタリックカラーGX GX201 GXメタルブラックで赤いところはミスターホビー ミスターメタリックカラーGX GX215 GXメタルブラッディレッドにしています。赤はGXメタルレッドと迷いましたが重さが欲しかったのとバランスでこのGXメタルブラッディレッドにしました。

仮組したときに入り組んだところが結構ありそうだったので組立前にクリアーも吹いてしまいました。クリアーはガイアノーツ ガイアカラー 007 クリアー光沢を使っています。

この『サイボーグハンド』は似たようなパーツが多いので説明書の工程番号を持ち手にマスキングテープでメモしています。これがあって大分塗装後の組立が楽になりました(*´ω`*)

エレキット サイボーグハンド 制作 その1

続いて塗装したのはハンドグリップです。ちゃんと説明書の工程どおりに塗装をしていきます。


エレキット サイボーグハンド 制作 その1

続いては指!マスキングテープにメモを書いて張り付けるのが地味に面倒ですがやらないとわからなくなりそうなので素直につけていきます。

エレキット サイボーグハンド 制作 その1

塗装が終わってしっかり乾燥してからできたところから組立!

エレキット サイボーグハンド 制作 その1

そして大物のフレーム部分。これは持ち手が一つだと重さで安定しなかったので持ち手を3つ使って安定するようにして塗装しました。それでもなかなかに大変(-_-;)

エレキット サイボーグハンド 制作 その1

ところどころにクッション用途?のスポンジを貼り付けます。大きなパーツの塗装が終わったのでひと段落(*´ω`*)これでだいたい1/3が終わった(*´ω`*)


プラモデラーにOFUSEする
Pick UP!
フォトグラファー:崎村武秀のポートフォリオ兼紀行録
HAZUMU RHYTHM

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。