RG RX-78-2 GUNDAM(ガンダム) 塗装 その1

166

素組みが終わったRG RX-78-2 GUNDAMですがせっかくだから完全塗装をすることにしました。素組み→スミ入れ→トップコートでもよかったのですが、せっかくなら全部塗装したいと思ったのですが、パーツの多さに想像以上に時間がかかっています。

RG RX-78-2 スジボリを行っているところ

RGはパーツが細かいのでサーフェイサー→塗装を行うとこまかいディテールがつぶれちゃうかもしれないので念のためにケガキ針でスジ彫りをしておきます。しかしながら本当に細かいので作業が大変です。細かくてスジも浅いのでちょっとでも油断するとはみ出しちゃって傷ができちゃいます。なのでスジ彫りで失敗してしまったら研磨をしての繰り返しになりました。スジ彫りが終わったころにスジボリガイドテープがあることを知りました。これがあればスジ彫りの失敗をある程度防げると思うので次からは使おうと思います。

RG RX-78-2 GUNDAMにサーフェイサーを吹いているところ

パーツをばらしてひとつずつサーフェイサーを吹いていきます。頭部だけでこのパーツ数。先は長そうです。




RG RX-78-2 GUNDAMのサーフェイサー吹きが完了

2日かかってパーツ全体にサーフェイサーが吹き終わりました。このまま本塗装に入ろうかと思ったのですがせっかくだからちょっともう一度組んでみて撮影。こうしてみるとG-3みたいな感じですね。頭部パーツはこの状態で一度組んでしまうと剥げてしまいそうなので頭部はなしですが。

RG RX-78-2 GUNDAMの墨入れ

全パーツにMr.カラーのクールホワイト GX1で塗装しました。カラーリングはオリジナルに忠実にするか、別のものにするかはちょっと考えています。白いままにするパーツにはスミ入れを行いました。スミ入れの方法もいろいろ試しましたが一番で気が良かったのはタミヤの墨入れ塗料でした。白いパーツなのでグレーでも試してみたのですが、ダークグレーが適度な濃さでしっくりきました。




Pick UP!
山や自然を愛するすべての人へ。アクセス情報やコースガイド、休憩スポットや登山後の寄り道スポットまで、登山を楽しむ情報満載!
Ein Wanderer

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。